1. ホーム
  2. 投資信託
  3. NISA
  4. ジュニアNISA

NISA

NISA(少額投資非課税制度)とは個人の資産運用を応援する税制優遇制度です。

ジュニアNISAとは?

お子さまやお孫さまのミライに向けた資産形成を応援する制度です。
0歳から19歳の未成年でも、非課税口座を開設して、ジュニアNISAをご利用いただけます。

ジュニアNISAの3つのポイント

ポイント1

0歳から19歳の方が対象

未成年の方にご利用いただけるNISA

日本居住者で、ジュニアNISA口座開設年の1月1日時点で19歳以下の方が対象です

  • 令和元年度税制改正により、2023年以降はジュニアNISA口座開設年の1月1日時点で17歳以下の方が対象となります。
ポイント2

親権者等の代理運用

名義はお子さま
運用は大人

ジュニアNISA口座の運用・管理は、原則として親権者等(両親または未成年後見人)が代理しておこないます。

ポイント3

年間80万円の非課税投資

投資枠を最大限活用すると
400万円の利用総額

年間80万円までの投資から得られた利益が非課税になります。

ジュニアNISAのイメージ

ジュニアNISAをご利用いただくと、お子さまやお孫さまの教育資金等の準備を、生前贈与等を利用して家族でご活用いただけます。

たとえば、ジュニアNISAをこのように利用してはいかがでしょう?

お子さまが大人になるまでにどれくらいの費用がかかるのかご存知ですか?

制度について

ジュニアNISAにはほかにも、さまざまな決まりや制限があります。
制度の詳細は、以下の表からご確認いただけます。

さらにくわしく

ジュニアNISAのはじめ方

ジュニアNISAの口座開設は店頭窓口でお申込いただけます。

口座開設にはマイナンバーの
ご提示が必要です

ジュニアNISA口座の開設にはマイナンバーが確認できる書類のご提示が必要です。

1ジュニアNISA口座
開設・お申込

お子さまの親権者等(法定代理人)による口座開設手続が必要です。下記の書類・ご印鑑をお持ちの上、店頭までお越しください。

来店予約

ご用意いただく書類と印鑑

  • お子さまの個人番号(マイナンバー)が確認できる書類
  • お子さまの身元が確認できる書類
  • 親権者の代理権が確認できる書類
  • 親権者の身元が確認できる書類
  • お子さま名義の各種口座にお届けいただくご印鑑
  • お子さまのご両親(親権者)のご印鑑(当行にお届けいただいているご印鑑でなくても可)
  • ジュニアNISA口座のお申込には個人番号の届け出が義務付けられています

2税務署への申請〜審査

三井住友銀行から税務署へ、ジュニアNISA口座の申請を行い、審査が行われます。審査結果によってはジュニアNISA口座の開設ができない場合があります。

3口座開設手続完了

税務署の審査完了後、順次、口座開設の完了のご案内をお送りします。ご案内の到着後から、ジュニアNISA口座を利用して投資信託をご購入いただけます。

  • ジュニアNISA口座開設手続完了までは、ジュニアNISA口座を利用した投資信託の購入はできませんのでご留意ください。

よくあるご質問

ジュニアNISA口座の
お申込

ジュニアNISAは、店頭のみで口座開設することができます。

  • 店舗でのお取引はこちらから

  • ジュニアNISA口座開設申込書をご請求可能